考える虫のつぶやき

こうやって生きたらいいのに を探して、物の見方、考え方について、あれこれと思うままに書いています。

強い批判は問題の解決にならないような...黒人銃撃事件の抗議行動で思うこと

撃たれるまでの映像、かなり緊迫してて、単純に差別的な考えから撃ってるか?というと...?かな

問題は周りの反応だと思う

頭から黒人差別だと言って、暴動を起こしてしまっている。

バイデン氏も、そのコメントをすることで、結局、煽るだけだし、政治利用してるにだけに見える。

逆に、
トランプ氏は、「法と秩序」以外は、直接は触れるようなコメントをしていない。こっちの方が、適切な対応だと思う。

これに触れていないことを、批判する人たちがいるけど、
その批判そのものが黒人差別問題を煽っているだけじゃないだろうか。

今はみんな、特にアメリカはこの問題で、緊張した状態にあるので、
普通の事件が、そうではなくなる...ちょっと悲しいけれど...orz

踏み込んで言えば、
普通の事件を、「被害にあった!」と故意に引っ張り上げて、
日頃思っている自分たちの主張や、不満の捌け口に利用しているだけの人たちが多いように見える

その結果、
亀裂はめちゃくちゃ大きくなってしまって、取り返しのつかない状態になっている


これは、黒人差別だけじゃなく、女性やマイノリティへの差別やいじめの問題でも同じように感じることが多い。

「被害にあっている!」を過激に主張しても、返って問題をややこしくしているだけのように見える。なので、例えば、

「こんな風に活動すると、良い関係が築けられているので、活動を理解して欲しい、支援が必要です、そして、この問題をもっと知って欲しい」
のような主張の方が、聞いていても「なるほどなぁ」と受け入れ安いので、そういった主張を、どんどんすべきだと思う。

何故かこういう受け入れ安い主張、活動って、報道で取り上げられてない訳ではないけれど断片的で、批判的な報道に比べると、圧倒的に少ない。

報道機関って、「何々を監視する」とは言うけれど、
世の中を良くするための活動はしない」んかなぁ?、不思議です...

とにかく、

今はもっと冷静にならなくちゃいけないと思う。
コロナ禍で、大変だけど...


アメリカ 黒人男性銃撃で抗議激化 混乱続き夜間の外出制限措置 | NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201029/k10012685821000.html